眼科 小児眼科 あさかわ眼科 縁内障 東京都三鷹市 吉祥寺 あさかわ眼科 眼科 小児眼科 あさかわ眼科 縁内障 東京都三鷹市 吉祥寺
眼科 小児眼科 あさかわ眼科 縁内障 東京都三鷹市 吉祥寺 あさかわ眼科
東京都三鷹市のあさかわ眼科では、地域のホームドクターとして、地域の皆様の眼をお守りしております。
白内障、緑内障、糖尿病網膜症等の診断、治療は言うにおよばず、小児の診療も得意としております。
東京都三鷹市以外から来院される方もおり、多くの患者様からの信頼を頂いております。
お子様の眼の病気でお困りの方、白内障、緑内障、糖尿病網膜症などでお困りの方は、是非一度ご来院ください。
「メヤニが出る」「マブタが腫れている」といったちょっとしたトラブルでもお気軽にご相談下さい。
【年末年始の休診のお知らせ】
H29/12/29(金)~H30/1/4(木)の間は休診とさせていただきます。
H30/1/5(金)以降は通常通り診療致します。
新しい年が皆様にとって健やかな年となりますようお祈り申し上げます。
【診察順番表示システムのご案内】
患者様の皆様の待ち時間が把握しやすいよう、診察順番表示システム導入しております。
受付の際に順番表をお渡しします。
順番表のQRコードから診療状況をスマートフォンで確認できますから、待ち時間中に安心して外出していただけます。
院長からのごあいさつ
杏林大学で14年間眼科診療に携わってまいりましたが、地域医療に貢献できればと考え、平成17年5月に三鷹市牟礼で開業させて頂きました。
白内障、緑内障、糖尿病網膜症といった成人の眼科3大疾患の管理を得意としておりますが、杏林大学在職中は小児眼科外来の主任を勤め、小児の診療も豊富に経験しています。
地域のホームドクターとして、赤ちゃんからお年寄りの方まで皆様の眼の健康管理の一助になれればと考えております。
診療内容
最新の眼底三次元画像解析(OCT)検査が可能です。
従来の眼底検査に使用されていた眼底カメラでは、網膜を正面から撮影するのみで立体的な変化の評価が困難でしたが、OCT検査は網膜の断層画像を撮影したり、網膜の厚さを正確に測定することを可能とした画期的な検査です。
これにより従来の診察や眼底検査だけでは分からなかった網膜の状態が明らかにされるようになりました。断層像から、緑内障の初期変化や黄斑変性症といった病気が正確に診断可能となり、治療方針の決定や治療効果の判定を行うことができるようになりました。
検査時間は眼底カメラの撮影とほぼ同様で、さほど負担になることはないかと思います。
OCT検査は現代の眼科診療においては欠かすことが出来ないと言っても過言ではなく、当院でも診断の一助として使用して、精度の高い診療を心掛けています。

眼科一般診療に加えて、弱視、斜視を中心とした小児眼科領域にも対応可能です。
小児眼科の経験を生かして弱視や斜視を管理するための眼鏡処方にも対応しています。
経験を積んだ2名の視能訓練士が常勤しておりますので、近視が始まった小児のみならず、成人からご年配の方々へ、適切な眼鏡を処方させていただきます。
コンタクトレンズの処方も承ります。

患者様にとって最も利益となる方法を提供できるように努めて参ります。
目に違和感がある、あるいは目に不安があるといった方は是非とも当院へお越し下さい。

OCT撮影装置
診察時間
 
午前 9:00~12:30
午後 3:00~6:00
【休診日】水・土曜日午後・日曜日・祝日
※上記以外にも年末年始、お盆のお休みなどをいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。 詳しくは直接お問い合わせいただくか、当ホームページの”お知らせ”をご覧ください。